Menu

こだぬきポンポ(合唱:楽譜)

二部

[楽譜構成]:合計3ページ
(楽譜のご利用にあたって:1ページ,譜面:2ページ)


1983年、NHK「みんなのうた」で流れた曲で、下條アトムが歌ってヒットしました。この「こだぬきポンポ」の歌は,私にはいつの間にか新見南吉の「手ぶくろを買 いに」の世界へと二重映しになります。とうとう帽子屋が 見つかりました。お母さんが道々よく教えてくれた,黒い大きなシルクハットの 帽子の看板が,黒い電燈に照らされてかかっていました。子狐は,教えられた通 りにトントンと戸を叩きました。「今晩は。」すると,中では 何かコトコト音がしていましたが,やがて戸が一寸ほどゴロリと開いて,光の帯 が道の白い雪の上に長く伸びました。子狐はその光がまばゆかったので,めんく らって間違った方の手を,お母さんが出しちゃいけないと言ってよく聞かせた方 の手を,すきまからさし込んでしまいました。「・・・・・・。」 寒い寒い冬に,心の底からあたたまってくるお話ですね。

サンプル

税込価格:157円1pt) (本体143円)

ファイル形式: pdf

ファイルサイズ: 93 KB

個数

加算ポイント:1pt

[商品コード]
eovn0112
[メーカー]
東京書籍

この商品のシリーズ

楽譜ファイル

[歌い出し]
ポンポコ 村のこだぬき ポンポコ 駅であのこにあったよ
[出典]
「たのしい全校音楽2校内音楽会」発行:音楽之友社 発売:東京書籍
[編曲者]
乾裕樹
[作曲者]
大山高輝
[作詞者]
鈴木悦夫