Menu

ダーク・ダックス特集

東書WEBショップに掲載されている、ダークダックスの歌をリストアップしました!

曲一覧

「全曲一覧」をクリックすると、PDFファイルで販売する楽譜の曲リストが表示されます。

全曲一覧

ダーク・ダックス プロフィール

慶応義塾大学経済学部に在学中の高見澤宏(たかみざわ ひろむ),佐々木行(ささき とおる),喜早哲(きそう てつ),遠山一(とおやま はじめ)の4人で結成された男声コーラスグループです。

ダークダックスとは「黒いアヒル」「汚れたアヒル」の意味。慶応義塾大学経済学部に在学というよりは,慶応義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団に在学していたという方がピッタリする4人でした。元来スポーツ好きで1年中まっ黒,おまけに声が悪いということでこの名前がついたとか。日本国内での演奏活動のみならず,1960年以降ソ連,ヨーロッパ,アメリカ,カナダ,オーストラリアなど世界各地で演奏活動を行ってきました。 1977年に国際交流基金の文化使節として,南米諸国(ブラジル,アルゼンチン,チリ,ペルーなど)に派遣され,巡回公演を行い大好評を博しました。

1978年には日中文化交流協会と中国人民対外友好協会の招きで,日本人のポピュラー音楽家としては初めて中国を訪問。北京,西安,上海などを訪れ中国の芸術家達と交流をしました。

1981年に来日した教皇パウロII世の歓迎式典に招かれ,ポーランド民謡「シュワジュベチカ」などを歌唱しました。

1991年にはソ連のゴルバチョフ大統領来日の際,海部総理大臣主催の晩餐会で「モスコー郊外の夕べ」,「聖なるバイカル」を歌唱し,大統領に大変喜ばれました。同年「トライアングル・コンサート(結成40周年の記念コンサート)」を日本(東京・大阪),ソ連(モスクワ,サンクトペテルブルグ),アメリカ(ニューヨーク・カーネギーホール)の3ヵ国で行いました。

1996年の結成45周年には,記念コンサートを北海道から九州までの日本縦断,バンコク,香港でも公演を行いました。2001年幹揺るがず結成50周年を迎えコーラスの本道を歩み続けた記念リサイタルを全国展開しました。毎年恒例のリサイタルも平成21年10月24日東京文化会館で行われ53回目を迎えました。

昭和二十六年ダークダックス・自然結成

そして今年は平成二十二年。さあ? 何年になるでしょうか? 余りに長過ぎて分かりません。ダークの結成まで「バスのゾーさん」は藤沢で教会の混声合唱団に。ゲタさんは高校の男声合唱団のバリトン。マンガさんは,名古屋での名門「東海メール・クワイヤー」で。パクは静岡。只管(ひたすら)ピアノのレッスン。 慶応大学で「ワグネル・ソサイエティー・オーケストラ」へ入るはずが,何を間違えたのか合唱団に入ってしまいました。という経歴?を経て「ワグネル」に入部したのがスタートでした。そして楽しい学生生活を終え,卒業という悩みに,それぞれが苦しみ,昭和二十六年「プロ生活」に入る事を決断したのです。そして今は……平成ナンネンでしょうか? 「ハルケクモ……キツルモノカナ…?」しみじみと長くもあり,短くもある「ハーモニーの人生」を,カミシメテおります。

ダークダックス バリトン 喜早 哲