Menu

デビュー40周年 ダ・カーポ記念アルバム「とっておきの贈りもの」

メッセージ

ダ・カーポはおかげさまで只今、デビュー40周年を迎えています。皆様に感謝です。 デュエットとは、ソロの要素が強い最少単位の合唱団だと思っています。 また、ダ・カーポは男女のデュオですから、もうすでに、"何気に?強力な個性"を持っているのだと思います。 ここまで続いたのは「私の忍耐と努力のおかげ!」…とお互いに思いつつ、本当の理由は音楽的なバリエーションの豊富さにあったような気がします。 いつも「今、歌いたい歌」、「今、歌うべき歌」を作り歌うことを大切にしてきました。 今回のアルバムでは、故郷に帰りたくても帰れない福島の人達へ、子育てに悩むお母さんへ、そして、長年連れ添った夫婦がテーマの歌だったりしています。そして、世代を超えて響きあう歌達をカバーしました。合唱曲「大切なもの」もそんな1曲だと思います。 是非、40年目のダ・カーポの「今」を聴いて下さい。

DA CAPO 榊原政敏・広子


プロフィール

いつまでも初心を忘れないようにという意味でダ・カーポ(音楽用語で最初に戻るという意味)と名付け、榊原まさとしと久保田広子のデュオは1973年「夏の日の忘れもの」でデビュー。 翌年、フォーク調のさわやかなハーモニーで、「結婚するって本当ですか」の大ヒットを生む。その後「野に咲く花のように」「宗谷岬」「よこはま詩集」「ベストパートナー」などヒット曲をリリース。 デビュー35周年を迎えた'07年、文化庁選定「日本の歌100選」からダ・カーポのレパートリーを収録した「日本の歌ベスト30」をリリース。10月には、愛娘であり、ステージでも彼らをサポートしてきたフルーティスト榊原麻理子を正式なメンバーに迎え、3人のハーモニーという新しいスタイルで「HOME〜世界の名歌集〜」を発表。12月には2年振りのニューシングル「青春のままに」、さらに'08年1月から始まったアニメ番組「ポルフィの長い旅」EDテーマ「君へと続く道」をリリース。2012年にはプレ40周年シングル「恋する横浜」を発表。 そして2013年、40周年記念CDとして、オリジナルアルバム「とっておきの贈りもの」と3枚組ベスト「ダ・カーポ ザ・ベスト」、そして7枚組のCD−BOX「オリジナル大全集122(い〜夫婦)」をリリース。 40周年の今年、麻理子がパリにフルート留学する事になり、ダ・カーポはまたしばらく夫婦デュオに戻って活動することになった。麻理子が戻るまでの数年、再びダ・カーポした2人の新たな旅が始まる。


CD 発売中!

日本コロムビア

「さくら(独唱)」,「ハナミズキ」,「涙そうそう」,「千の風になって」,「さとうきび畑」,「少年時代」,そして合唱曲「大切なもの」や,『坂の上の雲』の主題歌「Stand Alone」など新旧の《日本の名曲》大特集。全13曲に,ボーナストラックとして「ラジオ体操の歌」を収録。40周年の彼らのメッセージとして,故郷・日本への憧憬と未来への希望を歌ったオリジナル曲を3曲収録した“とっておき"の最新作。
収録曲
1.ふるさとの空[オリジナル曲]
2.ハナミズキ
3.さくら(独唱)
4.千の風になって
5.仰げば尊し
6.さとうきび畑
7.少年時代
8.大切なもの
9.小さな空
10.涙そうそう
11.はじめての日[オリジナル曲]
12.Stand Alone
13.9月の月の下で[オリジナル曲]
14.ラジオ体操の歌【ボーナストラック】
NO 曲名 作詞・作曲・編曲 ♪歌い出し
1 ふるさとの空[オリジナル曲] [作詞]榊原広子 [作曲]榊原政敏 [編曲]大橋恵 ♪誰かが歌ってる 同じ心が響きあってる 私も歌い出そう ならぬことはならぬものだと
2 ハナミズキ [作詞]一青窈 [作曲]マシコタツロウ [編曲]大橋恵 ♪空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと
3 さとうきび畑 [作詞・作曲]寺島尚彦 [編曲]大橋恵 ♪ざわわ ざわわ ざわわ 広いさとうきび畑は
4 大切なもの [作詞・作曲]山崎朋子 [編曲]亀山耕一郎 ♪空にひかる星を 君とかぞえた夜 あの日も 今日のような風が吹いていた
5 涙そうそう [作詞]森山良子 [作曲]BEGIN [編曲]京田誠一 ♪古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた