Menu

音楽劇 サーカスのライオン特集

商品構成

大好評の「小学校音楽劇シリーズ」に、教科書でもおなじみの「サーカスのライオン」が加わりました。台本,楽曲はすべてオリジナルです。台本のセリフや振り付けなどで,子どもの創造性を引き出す場面も設定できます。音楽劇「サーカスのライオン」をお楽しみください。

小学校音楽劇シリーズ10「サーカスのライオン」は次の5点で構成されていますが,全てダウンロードによる販売です。それぞれの内容を十分にご理解のうえ,ご活用ください。

1.台本

児童用の「台本」です。巻頭にこの作品のおよその内容を把握するための「ものがたり」を掲載してあります。印刷して児童に配布してご利用ください。

2.歌集

歌の練習用にご利用ください。印刷して児童に配布してご利用ください。

3.演出の手引き

この音楽劇を指導するためのポイントを掲載した,指導者ガイドブックです。「台本」の流れに沿った「演出のガイド・舞台の動き」を中心に,配役,小道具製作,演技,振付など,指導に当たってのヒントを掲載してあります。

4.ピアノ伴奏譜

「上演用カラオケ」のイメージをもとにアレンジされた「ピアノ伴奏譜」です。「台本」の進行に沿って編集されていますので,練習時,上演時,いずれにも利用できます。

5.上演用サンプル・上演用カラオケ

全体のイメージを把握し,練習を効率よく的確に行うための「上演用サンプル」と,練習時,上演時のどちらにも使用できる「上演用カラオケ」です。「上演用カラオケ」は,すべてオリジナル曲をシンセサイザーで演奏した音源で構成され,音楽劇全体を大きく盛り上げます。

Sample

小学校音楽劇シリーズ絶賛販売中

レコーディング風景

制作スタッフ

小学校音楽劇シリーズ10 サーカスのライオン

原作 川村たかし

著作 脚本・作詞 川光俊哉
作曲 田中達也
ディレクター 坂元勇仁(ユージンプランニング)
スタッフ 構成・演出 川光俊哉
衣装・小道具・振付 田路紅瑠美
イラスト 熊谷理沙
演奏音源 演奏・ナレーション 指揮 三輪裕子 練馬児童合唱団
ソロ(男の子)下川原陽
(じんざ)飯野史子
カラオケ音源作成 田中達也
効果音制作 中村泉・今泉徳人(サイレン)
レコーディング 平成三十年七月一日 ビクタースタジオにて収録
レコーディング・エンジニア 今泉徳人(日本アコースティックレコーズ)
発行 発行 東京書籍株式会社
東京都北区堀船2丁目17番1号

プロフィール

  • 川光俊哉かわみつとしや(脚本・作詞)
    筑波大学第2学群人間学類心理学専攻、日本大学芸術学部演劇学科卒業。第24回太宰治賞で小説『夏の魔法と少年』が最終候補作に選ばれる。2009年、映像化・舞台化不可能とされてきた小説『神聖喜劇』(原作・大西巨人)を初舞台化、翌年、両国シアターXより招待を受け再演を果たす。2013年以降、舞台『銀河英雄伝説』シリーズ他、商業演劇で脚本を手がける。心理学、民俗学、宗教学、文学、音楽、歴史、演劇などの幅広い知識を活かし様々な分野で創作を行っている。現在、二松學舍大学文学部国文学科 非常勤講師。小学校音楽劇シリーズでは『ごんぎつね』『不思議の国のアリス』で脚本・作詞を担当し、『サーカスのライオン』は3作目。
  • 田中 達也(作曲家)
    1983年東京生まれ。東京学芸大学中等教育教員養成課程音楽専攻卒業、同大学院教育学研究科音楽教育専攻(音楽コース・作曲領域)修了。これまでに作曲を上田真樹、山内雅弘、金田潮兒の各氏に、ピアノを椎野伸一、指揮法を伊藤栄一、山本訓久の各氏に師事。2008年、メゾソプラノとピアノのための「夢みたものは」で第15回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門(中田喜直賞の部)入選。同年、混声合唱とピアノのための組曲「夏の断崖」で第19回朝日作曲賞佳作。合唱作品を中心に、演奏会やCD、放送のための作・編曲を手掛け、多数の作品が出版されている。2014年には若手作曲家の新作を集めた演奏会”The Premiere Vol.3″で作品が演奏され、好評を博した。近年では合唱指導・指揮の活動のほか、BS-TBS「日本名曲アルバム」NHK Eテレ「にほんごであそぼ」にて作・編曲作品が放送されている。

音楽劇『サーカスのライオン』の魅力

1 作品について

「サーカスのライオン」は川村たかしの代表作で、その印象的な結末から、大人になっても鮮明に記憶に残っている人も多いようです。普通、ライオンといえば「百獣の王」のイメージがあり、勇敢で獰猛、精悍な肉体を持ったヒーローとして描かれますが、この物語は違います。じんざは心身ともに衰えた老ライオンで、「百獣の王」に期待されるような活躍はできそうにありません。

男の子は、そんなじんざに自分と同じような孤独を見いだしたのでしょう。じんざもまた男の子のやさしさにこたえるために、かつての青春を引きずりながら意味を失った日々を惰性的に生きるのではなく、誰かのためになにかをする、という生き方を発見し、生まれ変わったのです。
楽しくて切ない音楽、孤独なじんざと男の子のセリフのやりとりを通じて、年齢、人種、経験などまったく異なる境遇でも共感し合えることが伝わればさいわいです。

脚本 川光俊哉

2 曲について

M1はサーカスの華やかなイメージをもって作曲してみました。「ハタハタ」や「チタチタ」の擬音語はリズムの出し方に工夫を。M4は同じメロディーが使われていますが、M4では前半部分のゆったりとした雰囲気や、後半に向けての盛り上がり、サビ部分の繰り返しとさまざまな要素が拡大されています。M2は男の子とじんざの対話をユーモラスに表現してみてください。M3は一転して緊迫した場面が歌われます。シンコペーションのリズムを力強く。

作曲 田中達也

3 登場人物

じんざ

年老いたライオンですが、男の子との出会いで、若かったころの自分を思い出します。元気がなくなる前はどんなライオンだったのか、想像しながら演じることで、男の子のために火のなかに飛び込む気持ちが分かるかもしれません。

男の子

ひとりぼっちの男の子は、元気をなくしながらも懸命に火の輪をくぐろうとするじんざに、自分の姿を重ねたのでしょう。この音楽劇では男の子の友達と親が描かれ、その対比によって、より男の子の孤独を感じられるようになっています。

おじさん

じんざのことを昔からよく知っているので、最近のじんざが心配です。じんざを家族のように思って、やさしいことばをかけるようにしましょう。

サーカス団員

「ゆかいなピエロ」、「空中ブランコ」、「つなわたり」など、さまざまな特技を持った個性豊かな人々です。どんなことをするサーカス団員なのか、自由に考えて演技しましょう。

コーラス隊

場面の雰囲気を盛り上げたり、大道具を動かしたりする重要な役割です。火事のシーンは、燃えさかる炎を歌と振り付けで表現します。

子供・親

かつて男の子の家族は、こんなふうだったかもしれない、と感じさせます。男の子の幸せそうな未来を思い浮かべて演じるといいでしょう。

ダウンロード版

商品構成 価格
・台本・・・・・・・・・・[PDFファイル]
・上演用サンプル・・・・・[MP4ファイル]
・上演用カラオケ・・・・・[MP4ファイル]
・上演用効果音・・・・・[MP4ファイル]
・楽譜(ピアノ伴奏譜)・・[PDFファイル]
・楽譜(歌集)・・・・・・[PDFファイル]
・演出の手引き・・・・・・[PDFファイル]
本体3,048円+税
(税込3,292円)

商品

税込価格: ¥ 3,292 30pt

ダウンロード版がご利用いただけない場合

DVD-RとCD-Rにダウンロードした簡易的なパッケージをご用意いたします。

商品構成 価格
・DVD-R(演出の手引き,台本,楽譜※1)
・CD-Audio[CD-R※2](上演用サンプル・上演用カラオケ)
本体4,000円+税
(税込4,320円)
  • ※1 データは全てPDFファイルです。PDFファイルの閲覧と印刷にはAdobe Reader(無料)が必要です。
      閲覧できない場合は,こちからダウンロードしてご利用ください。
  • ※2 CD-R対応のCDプレーヤーまたはPCでご利用ください。