Menu

秋・紅葉の歌特集

No. 曲 名 作 詞 作 曲
1 青い青い秋ですよ 阪田 寛夫 大中 恩
♪ ぶどうの実のなる ぶどうの木
2 赤蜻蛉 三木 露風 山田 耕筰
♪ 夕焼け 小焼けの あかとんぼ
3 あきが しずかに 香山 美子 小森 昭宏
♪ コスモスの はなが ゆれている しずかに しずかに
4 秋のえかきさん 中村 千栄子 湯山 昭
♪ だれでしょう みどりのたんぼに 黄色のクレヨンぬるのは
5 秋の子 サトウ ハチロー 末広 恭雄
♪ すすきの中の子 一二の三人
6 あきのこもりうた こわせ たまみ 溝上 日出夫
♪ ルルルー ルルルー あきのかぜ そっと ふいてね みていってね
7 秋にさよならする日 サトウ ハチロー 中田 喜直
♪ 秋にさよなら する朝は ぎんなんたくさん ひろいましょう
8 秋の野 北原 白秋 團 伊玖磨
♪ あの子が ゆくよ 見たよな あの子
9 秋の日ぐれは 水村 三千夫 白川 ひろし
♪ 秋の日ぐれは いつも ひっそり にじんでる
10 いたちと秋 吉岡 治 服部 公一
♪ いたちのっそり落葉をふんだ ひかげの ひかげを えらんで かけた
11 いちょうのはっぱ 佐藤 義美 溝上 日出夫
♪ いちょうのはっぱが おちてくる くる くる くる
12 いもほり 清水 かつら 中田 一次
♪ おひさまありがとう 金時の よい子にふとった おいも いも
13 うさぎ まど・みちお 大中 恩
♪ うさぎに うまれて うれしい うさぎ
14 美しき天然 武島 羽衣 田中 穂積
♪ 空にさえずる鳥の声 峯より落つる滝の音
15 うんどうかい 三越 左千夫 木原 靖
♪ まってた まってた うんどうかい
16 落葉 富原 義徳 室崎 琴月
♪ 北風から風 寒いのに 落ち葉のおち葉の 子供たち
17 おちばのうた 佐藤 義美 團 伊玖磨
♪ なにが うれしい 落葉でしょ みんなで こそこそ 笑ってる
18 お月さんとぼうや サトウ ハチロー 中田 喜直
♪ 一目お月さん 象さんのおめめ
19 お月夜 北原 白秋 山田 耕筰
♪ トン トン トン あけてください どなたです
20 お祭りの日の氏神さま 高田 敏子 湯山 昭
♪ お祭りの日の 氏神さまは くる くる くるりん おまじな
21 おもたいお月さま 鶴岡 千代子 伊藤 翁介
♪ オレンジジュース 飲みすぎて まんまる おもたいお月さま
22 かかし<文部省唱歌> 文部省唱歌 文部省唱歌
♪ 山田の 中の 一本橋の かかし 天気の よいのに
23 雁がわたる<文部省唱歌> 藪田 義雄 中田 喜直
♪ 雁がわたる 鳴いてわたる
24 きくの はな まど・みちお 磯部 俶
♪ きくの はな きくの はな おじいさんと みてると いい におい
25 きんもくせい 佐藤 雅子 湯山昭 
♪ おほしさまのはなが さいた かきねに さいた
26 金木犀の咲く頃 木下 富美子 田中 雅明
♪ 金木犀の咲く頃は キラリン キラリン風の中
27 こおろぎ 関根 栄一 芥川 也寸志
♪ こおろぎ ちろちろりん こおろぎ ころころりん
28 秋桜 さだ まさし さだ まさし
♪ 薄紅の秋桜が秋の日に 何気ない日溜まりに揺れている
29 コスモスが さいた まど・みちお 中田 喜直
♪ コスモスが さいた コスモスが さいた
30 コスモスのうた まど・みちお 中田 喜直
♪ コスモスが さいた コスモスが さいた
31 コスモスの花 熊谷 本郷 高月 啓充
♪ コスモスの香りは 優しく抱いてくれた 母の温かさだよ
32 里ごころ 北原 白秋 中山 晋平
♪ 笛や太鼓に さそわれて 山の祭に 来て見たが
33 里の秋 斎藤 信夫 海沼 実
♪ 静かな静かな 里の秋 お背戸に木の実の落ちる夜は
34 さわると秋がさびしがる サトウ ハチロー 中田 喜直
♪ ぽろんとこぼれた くりの実の いがの上にも 秋がいる
35 四季の雨<文部省唱歌> 文部省唱歌 文部省唱歌
♪ 降るとも見えじ 春の雨 水に輪をかく波なくば
36 四季の歌 荒木 とよひさ 荒木 とよひさ
♪ 春を愛する人は 心清き人 すみれの花のような ぼくの友だち
37 十五夜お月さん 野口 雨情 本居 長世
♪ 十五夜お月さん 御機嫌さん 婆やは お暇とりました
38 秋桜 さだ まさし さだ まさし
♪ 薄紅の秋桜が秋の日に 何気ない陽溜まりに揺れている
39 証城寺の狸囃子 野口 雨情 中山 晋平
♪ 証 証 証城寺 証城寺の庭は ツツ月夜だ
40 すずむし 矢崎 節夫 若松 正司
♪ すずむしがないている くさのなかでないている
41 すずむしのうた 宮沢 章二 大中 恩
♪ すず虫は すず虫の歌だけならったよ
42 ぞうと えんそくしてみたい 筒井 敬介 小森 昭宏
♪ ある日あるとき どうぶつえんで 三つのぼうやが
43 そらでえんそくしてみたい 悠木 一政 早川 史郎
♪ あおいそらおそらは ぼくらのはらっぱ
44 ちいさい秋みつけた サトウ ハチロー 中田 喜直
♪ だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた
45 (>月<文部省唱歌> 文部省唱歌 文部省唱歌
♪ 出た 出た 月が 円い 円い まんまるい
46 つき と さるのこ 阪田 寛夫 大中 恩
♪ おつきさまが おっこちた おいけに ゆらゆら
47 月とぼく 佐藤 義美 湯山 昭
♪ だーれも いない 原っぱで だれかが だれかを
48 月夜 高田 敏子 磯部 俶
♪ もう秋なのね お母さん コスモスの花が いっぱい
49 どこにも秋がある サトウ ハチロー 湯山 昭
♪ ゆれてるすすきに 秋がある さらりとしている
50 どんぐり こわせ たまみ 佐藤 眞
♪ とっても ちっちゃい ちっちゃい み だけど
51 どんぐりころころ 青木 存義 梁田 貞
♪ どんぐりころころ ドンブリコ お池にはまって さあ大変
52 とんぼのめがね 額賀 誠志 平井 康三郎
♪ とんぼのめがねは 水色めがね 青いお空を
53 「日本の歌 心の歌」メドレー~唱歌でつづる春夏秋冬~ 大田 桜子
♪ 春が来た 春が来た どこに来た
54 野菊 石森 延男 下総 皖一
♪ 遠い山から 吹いてくる こ寒い風に ゆれながら
55 はんぶんかけたお月さま 小野 ルミ 福田 和禾子
♪ はんぶんかけた お月さま ぎんのうばぐるま
56 ぶどうがゆんゆん 武鹿 悦子 中田 一次
♪ ぶどうぶどうが ゆんゆんゆん
57 ぶどうのふさ 小林 純一 中田 喜直
♪ 手のひらにのせて ごらんなさい むらさきのつぶつぶ
58 まっかな秋 薩摩 忠 小林 秀雄
♪ まっかだな まっかだな つたの葉っぱが まっかだな
59 虫の楽隊 桑田 春風 田村 虎蔵
♪ 千草八千草 乱れ咲きて 花を褥の 夢おもしろと
60 虫のこえ 文部省唱歌 文部省唱歌
♪ あれ松虫が鳴いている ちんちろちんちろ ちんちろりん
61 村祭 文部省唱歌 南 能衛
♪ 村の鎮守の神様の 今日はめでたい御祭日
62 もみじ 高野 辰之 岡野 貞一
♪ 秋の夕日に照る山紅葉 濃いも薄いも数ある中に
63 やきいもグーチーパー 阪田 寛夫 山本 直純
♪ やきいも やきいも おなかが グー
64 夕やけこやけ 中村 雨紅 草川 信
♪ 夕やけこやけで 日が暮れて 山のお寺の 鐘がなる
65 旅愁 犬童 球渓(訳詞) ORDWAY JP
♪ 更け行く秋の夜 旅の空の わびしき想いに ひとりなやむ