ゆーたん音楽堂[音楽専門館]

週めくり ゆ〜たん音楽堂《音楽万華鏡》
やっぱり音楽は素敵だ! クラシックよもやま話 a la Capriccio Vol.3

やっぱり音楽は素敵だ! クラシックよもやま話 a la Capriccio Vol.3
2016年4月

国崎裕

このコラム《ゆ〜たん音楽堂・音楽万華鏡》には、音楽堂店主である坂元さんの関係で、コーラス(合唱)に関わる方も多く訪問してくださっていることと思います。今回は、コーラスにまつわる話題を。

昨年夏にTBS系列で放送されたドラマ、「表参道高校合唱部!」。音楽(コーラス)が、飾りではなくしっかりと主役に据えられた学園ドラマでしたので、放送日を楽しみにされた合唱ファンの方も多かったのではないでしょうか。

言うまでもなく、コーラスは、学校において吹奏楽と並ぶ音楽系クラブの雄。その魅力に憑りつかれた(?)方が、卒業後も活動を継続されるケースも少なくなく(音楽堂店主、坂元さんもその一人?)、日本のアマチュア合唱活動は、その底辺の広さ・厚さ・レベルの高さで、世界的にも類例がないのだそうです。注目したいのは、この合唱の世界では、毎年たくさんの「新作」が生まれ、コンクールや演奏会などで次々とお披露目されていること。その中からは、公演を聴いて心を動かされた方によって何度も再演される「人気作」が、しばしば誕生していることです。レパートリーが固定化されている感のある(一般的な)クラシックジャンルに比べたとき、私は、そこに大きな魅力を感じます。

そんな人気合唱曲の一つに、《ここから始まる》(みなづきみのり作詞・北川昇作曲)があります。前述の「表参道高校合唱部!」の最終回にもフィーチャーされたこの曲は、実はとてもプライベートなきっかけで誕生した曲。とある社会人合唱団の団員さんが結婚を機に地元を離れるということで、パーティーでのサプライズプレゼントとして贈られました。2007年の初演から10年近く経つ現在、合唱界では知る人ぞ知る人気曲なのだそうです。

この曲がその後どのような経緯で広まっていったのか、私は詳しくありません。でも、美しいメロディーとハーモニーが、プレゼントの機会にふさわしい歌詞の世界と見事に調和し、コーラスの魅力がギュギュっと詰まったこの曲に、多くの方が魅せられたことは想像に難くありません。

この《ここから始まる》が収録された、この3月にリリースのCD、「青春コーラス」をご紹介させていただきます。歌うのは、NHK全国学校音楽コンクールや全日本合唱コンクールの全国大会でこれまで幾度も金賞を勝ち取ってきた名門、千葉県立幕張総合高校合唱団のみなさん。合唱団の力量が露わになる無伴奏ア・カペラのこの曲(実は、難曲!)を、ゆったりとしたテンポの中に心が込もった素晴らしい歌声で、楽曲の素晴らしさを伝えてくれます。

コーラスって本当に素敵ですね。人の声の力って凄い。少年時代以降、ピアノ、吹奏楽、管弦楽、と器楽中心の音楽経験をしてきた私は、この歳になってコーラスの魅力に開眼しています。

  • カワイ出版
  • ISBN 9784760912469
  • 2008年2月発売
  • 定価 本体1,200円+税
  •  
  • 合唱:千葉県立幕張総合高等学校合唱団
  • 指揮:山宮篤子
  • ピアノ:臼田圭介
  • 日本コロムビア株式会社
  • 商品番号 COCQ-85288
  • 2016年3月発売
  • 定価 本体¥2,000+税
  •