ゆーたん音楽堂[音楽専門館]

週めくり ゆ〜たん音楽堂《音楽万華鏡》

あやかの 音楽業界大迷走情報局 Vol.1

規矩彩香

 はじめまして。この度「ゆ〜たん音楽堂」に新しく仲間入りさせていただくことになった、 「規矩彩香(きく あやか)」と申します。音大の4年生です。これから、私の好きなものや興味深いと思ったことを、マイペースに紹介していきたいと思っています。よろしくお願いします!

 さて、記念すべき第1回目ですが・・・何を紹介させていただこうか悩んだ末、やはり最初は自己紹介もかねて自分の好きなものを紹介しよう!と思い、この本に決めました。

 折りしも、今年はウォルト・ディズニー生誕110周年。あちこちで110周年記念のイベントが開催されたり、(私も先日、銀座松屋で開催されているウォルト・ディズニー展に行ってきました。)記念グッズが発売されたりしていて、彼の生涯や精神がクローズアップされる機会も多いと思います。
 この本はそんなウォルトの精神に基づき、現在年間2500万人もの入場者数を記録している東京ディズニーリゾートで、どのようにしてゲストに感動を与えられているか、というところに焦点を当てた本です。
 ホスピタリティとは「おもてなし」という訳され方をするのが一般的ですが、この本では「相手に対する一般的な思いやり」、もっと言えば「自ら相手の気持ちになって、相手の立場に立って、共に考えてあげる気持ち・心」だという風に言われています。
 そしてこのホスピタリティを持つことは、さして難しいことではありません。まずは人と接する上での基本的な「笑顔」「挨拶」「言葉」「話し方」「身だしなみ」などをきちんとするように心がけること。加えて相手に対して一生懸命であること。とてもシンプルですが、これらこそがホスピタリティを生み出すことの原点です。
 自分の役割をきちんと果たし、それにホスピタリティを加えるといった考え方は、どのような業種・業態であっても通用するものだと思いますし、新しい出会いも多いこの季節だからこそ、人と接する上での基本的なスキルをしっかりと見つめ直すのに、大変参考になる本だと思います。

 ウォルト・ディズニーの願いは「全ての人にハピネスを提供したい」ということでした。

 私も、ささいなものでもいいから、誰かにハピネスを届けられるような仕事が出来たらいいなと思っています。

  • 福島文二郎 著
  • 中経出版
  • 2011年11月発売
  • ISBN 978-4-8061-4224-9 C2034
  • 定価 本体1300円+税
  •