東京書籍のフェイバリット英和・和英辞典

まとめてダウンロード
sound

英語の発音のしかた


収録音声スクリプト(聞いてわかりやすいように,一部変更しています.青地の部分が辞典と異なります.)
sound

(1)発音記号

英語の発音記号はアルファベットを基にした記号で,1つの記号が1つの音を表しています.発音記号は母音と子音の2種類の音を表しています.
 

(2)カナ表記

この辞典では英語の音を表すのにカナ表記を使っています.カナはもともと日本語の音を表すものですから,英語の音を表す記号としては特別の約束をして使います.英語は母音も子音も日本語より数が多いのでカタカナとひらがなの両方を使わないと表せません.ほかに2種類の音を伸ばす記号を使ったりもします.それでもカナ表記ではすべての音の違いを表せません.発音記号やつづり字も参照してみましょう.また実際の発音を聞いて,発音のしかたを参考にして英語の音を身につけましょう.
 

(3)発音練習のしかた

英語の実際の音を聞いて,できるだけその発音に近づけるようにまねしてみましょう.
元気よくおなかから大きな声を出しましょう.
sound

(4)英語の母音

sound  「あ」「ア」「アー」「ア〜」「アイ」「アウ」
sound 日本語の「エ」と「ア」を混ぜたような音です.口のあけ方は大きめで,少し長めに発音します.ほかの[],[]と区別するため,ひらがなの「あ」を使います.
例 cap [ キぁップ] hat [ ハぁット] cab[ キぁブ]
sound 日本語の「ア」より口を大きくあけて,長めに発音します.米音ではcalm [ ーム] とbomb [ ム]は同じ母音です.英音では[ ム]となり,米音とは異なります.
例 cot [ ット] doll [ る] father [ ふァーざ].
sound 口をあまりあけず,短く発音します.
例 cut [ ット] dull [ る] London [ ンドン]
sound アー 口を大きくあけて「アー」と発音します.を発音する場合は,舌先を上の歯茎につかない程度に上に反(そ)り返らせて[]の音を響かせます.
例 heart [ ート] guard [ ード] car [ ー]
sound ア〜 口をあまりあけず,米音では[]を長く伸ばしている感じで発音します. 表記と違って,先に[]を発音して,途中から[]の音を響かせるわけではありません.英音では[]と発音します.
例 hurt [ 〜ト] bird [ 〜ド] fur [ ふァ〜]
sound アイ 日本語の「ア」より口を大きくあけて,「ア」を強めに発音し,少し弱い「イ」の音に移ります.
例 height [ イト] hide [ イド] high [ イ]
[]など声帯を振動させる有声子音の前や,語尾に子音がこないhide,highでは「ハーイ」のように「ハ」の部分がやや長めになります.これは英語の母音の特徴です.
sound アウ 日本語の「ア」より口を大きくあけて,「ア」を強めに発音し,少し弱い「ウ」の音に移ります.
例 out [ ウト] bowed [ ウド] bow [ ウ]
bowed,bowでも「バ」の部分が「バーウ」のようにやや長めになります.
sound アクセントのないところに使われるあいまいな母音です.弱くあいまいに「ア」と発音します.つづり字によって「ア」以外の「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」に近いあいまいな音になることもあります.
例 about [ バウト] animal [ ニマる]  today [ トゥイ] 
   camera [ キぁメラ]  collect [クト]
sound  「イー」「イ」「イア」
sound イー 日本語の「イー」より唇を横に引っばりながら,舌に少し力を入れて発音します.
例 eat [ ート] seed [ スィード] see [ スィー]
sound []より唇をゆるめ,舌も[]のように緊張させません
例 kick [ ック] big [ ッグ] dipper [ ディパ]
「イー」と「イ」は単に長さが違うだけでなく音質が違うので,音の違いに気をつけましょう.[]も強く発音すると長くなります.
sound イア 「イ」を発音し,すぐに弱く「ア」を発音します.[]を発音する場合は「ア」と同時に舌先を上に反り返らせて[]の音を響かせます.実際の音を聞きながらまねしてみましょう.
例 hear [ ア] deer [ ディア]
sound  「ウー」「ウ」「ウア」
sound ウー 日本語の「ウー」より口を小さくすぼめて突き出し,強く発音します.
例 boot [ ート] pool [ ーる] two [ トゥー]
sound 日本語の「ウ」より多少をすぼめて発音します.[]の短い音ではなく音質が違います.
例 put [ ット] hood [ ッド] sugar [ シュガ]
sound ウア 「ウ」を発音し,すぐに弱く「ア」を発音します.[]を発音する場合は「ア」と同時に舌先を上に反り返らせて[]の音を響かせます.
例 tour [ 卜ゥア] poor [ ア] cure [ キュア]
sound  「エ」「エイ」「エア」
sound 日本語の[エ]より口を大きめにあけた音です.
例 set [ ット] bed [ ッド] head [ ッド]
sound エイ ロをあまりあけずに「エ」を強めに発音しながら,軽く「イ」を添えます.
例 safe [ イふ] save [ イヴ] say [ イ]
save,sayのように,語尾に有声子音がきたり,語尾に子音のこない場合は「セーイ」のように長く発音します.
sound エア 口を大きめにあけた「エ」を発音して,すぐに弱く「ア」を発音します.[]を発音する場合は「ア」と同時に舌を反り返らせて[]の音を響かせます.
例 air [ ア] bear [ ア]
sound  「オー」「オウ」「オー(ア)」「オ」
sound オー 米音では日本語の「オー」より口を思いっきり大きくあけ,唇を丸めて発音します.英音ではあまり大きく開けません.
例 caught [ ート] call [ ーる] saw [ ー]
sound オウ 日本語の「オ」より唇を丸めて強く発音し,をさらにすぼめて軽く「ウ」を添えます.
例 coat [ ウト] cold [ ウるド] low [ ウ]
sound オー(ア) 口を大きくあけて「オー」と発音します.[]を発音する場合は「オー」に続けて舌先を上に反り返らせて[]の音を響かせます.
例 course [ ース] board [ ード] door [ ー(ア)]
sound 【英音】米音[ ア]は英音ではこの音になります.日本語の「オ」より口を大きくあけ,唇を丸めて発音します.
例 cot [ ット] god [ ッド]
sound

(5)英語の子音

英語の子音をカナ表記するには難しい問題があります.日本語の「カ」「サ」「タ」などは「子音」+「母音」であり,子音だけを表しているものではありません.そのため,日本人は特に語尾では余分な母音を発音しがちです.また子音だけを重ねて発音する場合にも母音をつけてしまう傾向があります.その点を頭に入れ,実際の音を聞いてまねしてみましょう.
「プ」「ト」「ク」「ブ」「ド」「グ」の最初の音の[, , , , , ]を破裂音といいます. 声帯を振動させないで,息だけで発音する無声の破裂音[]が語頭にきたり,アクセントのある母音の前にきたときは,日本語と違って強い息といっしょに出します.
speakなどの[]の次や,supperなどアクセントのない母音の前では,英語の[]は日本 語の音に近くなります.
sound  
]は日本語の「パ行」の子音と考えられます.強い息といっしょに発音する場合と,ほかの子音の前や語尾ではっきり発音しない場合があることに注意しましょう.[]も日本語の「バ行」の子音とほぼ同じです.
例 pen [ ン] spend [ンド] slip [ップ] bed [ ッド] rubber [ バ] 
   cab [ キぁブ]
sound  
[]は「チ」と「ツ」を除いた日本語の「タ行」の子音と考えられます. timeやattackのような強い息を伴う場合に注意しましょう.米音ではletter, butterのような場合,[]の部分は「ラ行」に似たはじき音(舌先を上の歯茎につけてはじいて発音するラ行のような音)が使われます.[]は「ヂ」「ヅ」を除いた日本語の「ダ行」の子音と考えられます.
]や[]が語尾にきたときは,特にその発音に注意しましょう.
例 team [ ティーム] steam [ティーム] hat [ ハぁツト]  desk [ スク] 
   ladder[ らぁダ] bed [ ッド]
-][-]はそれぞれ「トゥル-」「ドゥル-」と表記しました.
例 try [ トゥイ] tree [ トゥー] dry [ ドゥイ] dream [ ドゥーム]
sound  
]は日本語の「カ行」の子音と同じですが,強い息を伴う場合に注意しましょう.[]は日本語の「ガ行」の子音と同じです.両方とも語尾で発音される場合やほかの子音の前にくるときは注意が必要です.
例 key [ ー] sky [イ] pick [ ック] good [ ッド] piggy [ ギ] 
   bag [ バぁッグ]
sound  
[][]とも上の歯を下唇に当てて出す摩擦音です.どちらも日本語にはありません.日本語の「フ」は両唇で摩擦する弱い音なので,[]は強めに発音しましょう.
例 fun [ ふァン] fish [ ふィッシ] life [ イふ] voice [ ヴォイス] 
   movie [
ーヴィ] move [ ーヴ]
[() フ(ー)]と[() ふ(ー)]を区別するため,[]にはひらがなの「ふ」を使いました.who'd [ ード]とfood [ −ド]を区別する必要があります.
sound  
舌先を上の歯の先に軽く当て(または上下の歯ではさみ),すき間から出す鈍いこするような音です.この2つの音も日本語にはありません. [ ス] [ ズ]と区別するため,ひらがなの「す」「ず」を使いました.[][]は「シ」「ジ」になるおそれがあるので注意が必要です.
例 three [ー] thin [ すィン] mouth [ ウす] then [ ン] mother [ ざ]
   breathe [ーず]
sound  
舌先を上の前歯に近づけ,その狭いすき間から息を出す鋭い摩擦音です.[]は[]よりも柔らかい音です.
[][]は「シ」「ジ」になるおそれがあるので注意が必要です
例 six [ スィックス] racer [ イサ] miss [ ス] busy [ ズィ] zone [ ウン]
   nose [ ウズ]
日本語の「ザ行」の子音は[]ではなく,[]で表されるぷつんと切れるような音です(破擦音と呼ばれます).[]は伸ばして発音できる摩擦音です.次の語の発音には区別があります.特にrose,carsのほうの発音に注意しましょう.語尾の[]はなめらかに発音しましょう.
例 rose [ ウズ] roads [ ウヅ] cars [ ーズ] cards [ ーヅ]
sound  
日本語の「シャ,シュ,ショ」「ジャ,ジュ,ジョ」の子音に似た音です.口をすぼめて発音します.語尾では[]は「シ」のように聞こえます.
例 ship [ ップ] wish [ ウィッシ] vision [ ヴィジョン] usually [ ージュアり]
[]と次の[]とは似た音ですが,英語では区別をします.日本語ではふつう区別しません.[]のほうを気をつけて練習しましょう.
sound  
日本語の「チ」「ヂ」の子音とほぼ同じです.
例 church [ チャ〜チ] catcher [ ぁチャ] judge [ ヂャッヂ] 
   bridge [ッヂ]
sound
のどの奥から息を出す,日本語の「ハ,へ,ホ」の子音と同じです.
例 hat [ ハぁツト] home [ ウム]
who [ ー],hood [ ッド]では,日本語の両唇を使う音にしないで,のどの奥から息を出します.
heat [ ート]の「ヒー」ものどの奥から息を出して発音します.日本語のような強い音ではありません.
sound
米音では唇を丸め,舌先を巻き上げて発音します.舌先は上の歯茎につけません.
例 read [ ード] try [ トゥイ] dry [ ドゥイ]
sound
舌先を上の歯茎にしっかりつけたまま,舌の両側から声を出します.
例 lead [ 一ド] hall [ ーる]
語尾の[]は「ウ」のように聞こえますが,舌先は歯茎にきっちりつけます.[] []を区別する必要があるので,カタカナの「ル」とひらがなの「る」を使いました.
例 right [ イト] light [ イト] read [ ード] lead [ −ド]
sound
マ,ン,ム
日本語の「マ行」の子音とほぼ同じです.語尾では長めに,はっきり発音しましょう.
例 milk [ るク] impress [ インレス] come [ ム]
sound
ナ,ン
語頭や話中では日本語の「ナ行」に近い音です.語尾のnは日本語の「ン」と違い,舌先を上の歯茎にしっかりつけます.語尾では長めにはっきり発音しましょう.
例 name [ イム] dinner [ ディナ] ten [ ン]
sound ング
,ン
日本語の「グ」を鼻から出した音です.
例 sing [ スィ]  hanger [ ア] think [ すィンク]
singer [ スィア]はfinger [ ふィンガ]やhunger [ ンガ]と違って,破裂音の[ グ]の音が入りません.
sound
子音の「ウ」は両唇を丸くすばめて発音する短い音です.日本語の「ワ」から母音を除いた音で,唇はもっと丸くします.
例 wall [ ウォーる] win [ ウィン] wood [ ッド]
wood,woman,wolfといった語では,特に最初に強く唇を丸めて,この音を出すようにしましょう.実際の発音を聞いて練習してください.
sound
日本語の「ヤ」から母音を除いた音に似ています. [] [][] []の前では特に実際の音を聞いて発音してみましょう.
例 young [ ング] yes [ イェス]