北海道地図株式会社 スーパーリアル俯瞰図「ジオ・アート」シリーズ

メニュー
WORLD MAP COLLECTION
いつもの地図とは、ちょっと違う。こんな地図はいかがですか?
いろんな図法で、また違った世界が見えてきます。

北海道地図のコレクション・マップは
ちょっと大きめ(615×1030 or 728×1030mm)サイズ。
インテリアとしても圧倒的な存在感、そして豊富なバリエーション。
地図から拡がる楽しい世界を、あなたのお部屋にお届けします!
【WORLD MAP COLLECTION】ポーラ ステレオ図法(北極域) 【WORLD MAP COLLECTION】ボンヌ図法 【WORLD MAP COLLECTION】トレミー図法
ポーラ ステレオ図法(北極域)
地球に接する平面の反対側に光源を置いて投影する図法で、「ステレオ図法」とも呼ばれています。この地図は極地(北極)を中心としているので「ポーラーステレオ図法」ともいいます。
地図上の角度が正しく表現される正角図法の性質上、風向きのベクトルや気圧頻度などを表すのに都合が良いため、天気図など気象関係の図に使用されています。
ボンヌ図法
ハートのカタチがラブリィなこの地図は、ボンヌ図法という地図投影法で描かれたもの。
18世紀のフランスの地理学者R・ボンヌさんが考案した、このハート形の地図は、
面積が正しく、緯線が同心円で、その長さと間隔が正しいのが特徴です。
トレミー図法
Ptolemy Projection(トレミー図法)は円錐図法という地図投影法のひとつです。
円錐図法とは、円錐型のスクリーンを地球にかぶせて投影した図法です。
扇形で表現され、緯線は同心円、経線は放射状の直線になります。
緯線間隔は正しくなりますが、経線間隔は割線の内側では縮小され、
外側では拡大されます。
詳細情報 ショッピングカートへ 詳細情報 ショッピングカートへ 詳細情報 ショッピングカートへ
【WORLD MAP COLLECTION】正距方位図法    
正距方位図法
正距方位図法とは、図の中心からの距離と方位が正しく表現されている図法で、 中心地点から他の地点を結ぶ直線が最短距離となります。
航空路線図等、航空関係の地図によく利用されますが、中心から離れるにつれ 歪みが大きくなり、円周方向に拡大するため判読が難しくなります。
   
詳細情報 ショッピングカートへ    
【WORLD MAP COLLECTION】正距方位図法(裏・表) 【WORLD MAP COLLECTION】正距割円筒図法 【WORLD MAP COLLECTION】正距接円筒図法
正距方位図法(裏・表)
正距方位図法とは、図の中心からの距離と方位が正しく表現されている図法で、 中心地点から他の地点を結ぶ直線が最短距離となります。
航空路線図等、航空関係の地図によく利用されますが、中心から離れるにつれ 歪みが大きくなり、円周方向に拡大するため判読が難しくなります。
正距割円筒図法
正距割円筒図法とは、地球に被せた円筒形のスクリーンに地表の形を投影した後、 切り開いて平面にした図法で、極点でのひずみは大きくなりますが、経緯線を直角に描くことができるため全世界の投影に適しています。
通常の円筒図法では、投影面の軸を傾けることはあまりなく、軸を極点あるいは赤道面のいずれも一致させないことで、コンピューターでなくては表現が困難な美しい曲線となる経緯線を表現できます。
正距接円筒図法
一般によく知られるメルカトル図法にそっくりですが、メルカトル図法では高緯度になればなるほど拡大され、歪みが大きくなるので極点まで表示することができませんが、この「正距接円筒図法」では経度線・緯度線が等間隔なので、極点を表示することができます。
また、経度線・緯度線のマス目が正方形となるために「方眼図法」、「正方形図法」とも呼ばれています。
詳細情報 ショッピングカートへ 詳細情報 ショッピングカートへ 詳細情報 ショッピングカートへ